航空機の離発着撮影に便利なカメラ - ドクターヘリの医師の年収とは

ドクターヘリの医師の年収とは

  • 航空機の離発着撮影に便利なカメラ

    • 羽田空港は国際空港の1つですが、空港近くの公園などからはジャンボジェット機など航空機が低空飛行を行うなど、着陸シーンや離陸シーンを見る事が出来る場所が多くあります。頭上を大きな巨体のジャンボジェット機が離発着する様子はダイナミックなもの、この様子を写真に収めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。


      飛行場には展望台があり、飛行機の離発着を眺める事が出来ます。

      こうした場所からの航空機の写真撮影は望遠機能を持つデジタルカメラやレンズ交換が出来る一眼レフカメラがお勧めです。


      中でも、一眼レフカメラはレンズを交換してシーンに合う写真を撮る事が出来るお勧めのカメラでもあり、飛行場の展望台などから航空機を写真に収める時などは200ミリ前後の望遠レンズや80ミリから200ミリのズームレンズが便利です。

      航空機の撮影関連情報を紹介しています。

      頭上の真上を航空機が行き交うような場所の場合は、望遠レンズよりも標準レンズや広角レンズがあると便利です。被写体が近くにあるなどからも、望遠レンズでは被写体をファインダー全体に収める事が出来ません。


      その点、広角レンズや標準レンズは焦点距離が短いため、近い場所の被写体全体を1枚の写真に収める事が出来ます。



      ズームレンズの中には広角から望遠までの焦点距離をカバーしている製品もあります。例えば、20ミリから135ミリなどのレンズは20ミリの焦点距離は広角として利用が出来ますし、ポートレイト時には50ミリ、航空機を飛行場で撮影する時は135ミリの望遠レンズで撮影するなどシーンに応じて使えるメリットを持ちます。



top