ドクターヘリの医師の年収とは

  • ジェット機のパイロットになるためには

    • ジェット機のパイロットになるためには、固定翼機の免許が必要となります。

      これらのライセンスの取得は高校卒業後に航空大学校に進学して取得をするか、あるいは航空会社の自社養成のパイロットとして入社するのが一番費用がかからない方法です。
      この方法を使って取得すると、航空会社への就職が容易にできるようになり、勤続経験が長くなるにつれて副操縦士から機長へとステップアップしていくことが出来ます。

      国内ではまだまだ難易度の高い資格なので、なり手も少ないのでどの会社も高待遇にて採用をしています。

      ジェット機のパイロット情報のご紹介です。

      年収にして数千万になることも珍しくはなく、努力した分報われる仕事と考えても良いでしょう。



      自費で取得するにはかなりお金がかかり海外でとらなくてはならないので、渡航費用もそれなりにかかります。
      ジェット機のライセンスを個人で取得すると一千万円以上のお金がかかるので、経済的に余裕がある方は自分でとってみるのも悪くは無いでしょう。

      ジェット機のパイロットは旅客機だけでなく戦闘機を操縦する仕事もあります。



      これらの仕事は航空自衛隊の幹部候補生として入隊するか、あるいは航空学生として入らなくてはいけないの民間の操縦士と同じように狭き門でもあります。ジェット機のパイロットは視力に一定の制限を設けている所も多いので、著しく度数の高い近視や色覚異常などがあるとなれないこともあるので、ジェット機のパイロットになるにはかなりの努力が必要です。

top