ドクターヘリの医師の年収とは

  • ドクターヘリの医師の年収とは

    • ドクターヘリに搭乗する医師は災害時など緊急度の高い現場に出動することが多く、救急医療の経験や知識が欠かせません。

      フライトドクターとも呼ばれ、充実した設備の完備されている病院で働く医師と比べ、瞬時の判断力など別の分野のスキルや才能が求められます。
      ドクターヘリの医師は専門の医師が存在する場合は少なく、主にヘリポートが設置されている大規模な病院で勤務されている医師から選ばれます。

      緊急を要する現場での判断が求められていることから、救命救急科などで働いている医師が主な対象です。

      ドクターヘリの年収は評判がとっても良くて有名です。

      ただし、救命救急科に勤務していても、働いている病院にヘリポートが設置されていないとフライトドクターにはなれませんし、ヘリポートのある病院であっても救命救急科の医師でなければドクターヘリの医師になるのは難しくなります。

      フライトドクターの年収は、勤務している病院のによって異なります。
      通常、ドクターヘリ出動要請がない場合、救命救急科で他の医師と同じように働いているのが特徴です。


      ヘリコプターに搭乗した回数に合わせて手当が支給されることが多く、同じ救急救命科で働いている医師より年収は増える傾向にあります。
      しかし、激務となることから希望者は決して多くありません。



      ドクターヘリの医師の年収は、救命救急科の医師としての給与と、ヘリコプター搭乗回数による手当で決定します。



      一般的に、屋上にヘリポートを設置しているような病院は国立病院や大規模な病院が多く、医師の給与水準も高い傾向にあります。
      そのため、年収が1000万円以上のケースは珍しくありません。


  • モービルマッピング関係の真実

    • ジェット機のパイロットになるためには、固定翼機の免許が必要となります。これらのライセンスの取得は高校卒業後に航空大学校に進学して取得をするか、あるいは航空会社の自社養成のパイロットとして入社するのが一番費用がかからない方法です。...

  • モービルマッピングの身になる知識

    • 男の子が将来の夢や憧れの職業として上位に挙げられるもののひとつには、航空機のパイロットが挙げられます。科学技術が発達史続けている現代においては、一昔前では考えられないような移動手段が開発されてきました。...

  • モービルマッピング入門

    • 羽田空港は国際空港の1つですが、空港近くの公園などからはジャンボジェット機など航空機が低空飛行を行うなど、着陸シーンや離陸シーンを見る事が出来る場所が多くあります。頭上を大きな巨体のジャンボジェット機が離発着する様子はダイナミックなもの、この様子を写真に収めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。...

  • モービルマッピング関係の情報

    • 空港に出掛けると飛行場が国際空港などの場合、各国の航空会社の飛行機を見る事が出来ます。飛行機の離発着は見ているだけでも楽しいと感じる人が多いのですが、航空機を撮影する目的で飛行場に訪れる人も少なくありません。...

top